粒状アクアフォームを買った後に後悔しない知識【失敗談あり】

 のアイコン画像 

・アクアフォームを買った後に後悔したくないな…
・アクアフォームの使い方が知りたい。

こういった疑問に答えます

かみちゃんのアイコン画像かみちゃん

『ブルーベリーラボのおがた』を運営してます。
かみちゃんです。(Twitterはこちらインスタグラムはこちら
元々、家庭菜園やブルーベリー栽培が趣味です。

2018年からブルーベリー養液栽培(かんたんキット)を開始。
2019年10月から本格的なブルーベリー養液栽培を開始してます。
現在は、ブルーベリー狩り観光農園の2021年に開園に向けて準備をしてます。

ブルーベリー養液栽培で土の代わりに使う粒状アクアフォーム(アクアフォーム)。

ホームセンターなどには売っておらず、業者さんから購入するため、粒状アクアフォームを買う前はどういうものかわからないですよね。

ブルーベリー栽培以外でも植物の栽培で使えるアクアフォームですが、注文する前や買う前に後悔しないような知識を記事にまとめてみました。

たっぷできるもくじ

粒状アクアフォームを注文前・買って後悔しない知識

粒状アクアフォームを買った後に後悔しない知識【失敗談あり】

粒状アクアフォームは100L、200Lで売られています。
(袋に入って送られてきます)

ホームセンターで売られている土は多くて20Lぐらいと思うので、それに比べるとだいぶ多い量になります。

ブルーベリー観光農園の多くが使っているポットのサイズは60Lです。
仮に200Lのアクアフォームですと、だいたい3ポット分になります。

養液栽培でブルーベリー農家をする人は何百本単位のブルーベリーを育てると思いますし、もしアクアフォームが余っても消費することができるので特に問題はありません。

ただ、家庭でブルーベリー養液栽培(かんたんキット)をする方はどちらのサイズのアクアフォームを買うか気をつけた方がいいです。

粒状アクアフォームで後悔しない使い方を紹介します

粒状アクアフォームを買った後に後悔しない知識【失敗談あり】

ブルーベリー狩りを考えている方はアクアフォームを大量に購入するでしょう。
それに、余ったとしても使い切ってしまうと思うのでそれほど困ることはないです。

あえて言うのでしたら、ポットの位置を決めてからアクアフォームを入れたほうが労力が少なくて済むことぐらいです。
(水を吸うと重くなり、移動がとても大変になります)

家庭でブルーベリー養液栽培をしてみたい方に向けて【僕の失敗談】

僕が『かんたんキット』をはじめた時は、ブルーベリーの苗を20本からはじめました。

粒状アクアフォームを買った後に後悔しない知識【失敗談あり】
かんたんキット

『かんたんキット』とは、プロ仕様のブルーベリー養液栽培のシステムを家庭で楽しめるようにしたものです。

ブルーベリーの苗が20本でしたので、200Lのアクアフォームを6袋買いました。
(60Lのポットが20個ですので、200Lのアクアフォームが6袋になります)

計算上、アクアフォームをちょうど使い切ることになるのですが、誤差が生じるためアクアフォームは少しは余ります。

僕の失敗とは、余ったアクアフォームの袋の口をしっかり縛っていなかったのです。

袋の口がうっすら空いたアクアフォームは外においており、アクアフォームは雨水を含み、、、結構重くなってました。

元々非力なので、本当に大変でした…。

ですので、余ったアクアフォームは袋の口を必ず紐などで縛っておいてください。

何度も書いてますけど、アクアフォームは水を含んだらものすごく重くなります。

水を含まなければとても軽いので置き場所さえあれば、特に余っていても簡単に動かせるので邪魔にはなりません。

粒状アクアフォームは乾いた状態で保存、が基本です。

コメント

コメントする

たっぷできるもくじ
閉じる