粒状アクアフォームまとめ【ブルーベリー養液(水耕)栽培】

 のアイコン画像 

・アクアフォームについてもっと知りたい

こういった悩みに答えます。

ブルーベリー養液栽培で愛用している「粒状アクアフォーム(以下アクアフォーム)」についてまとめてみました。

かみちゃんのアイコン画像かみちゃん

『ブルーベリーラボのおがた』を運営してます。
かみちゃんです。(Twitterはこちらインスタグラムはこちら
元々、家庭菜園やブルーベリー栽培が趣味です。

2018年からブルーベリー養液栽培(かんたんキット)を開始。
2019年10月から本格的なブルーベリー養液栽培を開始してます。
現在は、ブルーベリー狩り観光農園の2021年に開園に向けて準備をしてます。

アクアフォームはブルーベリー養液栽培に使います

ブルーベリー栽培をするのに代表的な3つの方法があります。

ブルーベリーの代表的な栽培方法
  • 露地栽培(ろじさいばい):庭や畑に苗を植える一般的な栽培方法
  • ポット栽培:鉢(培土は土)を用いた栽培方法
  • 養液栽培:野菜やイチゴの水耕栽培に近い栽培方法

ブルーベリー栽培の代表的な3つの中で、僕はアクアフォームを使って養液栽培でブルーベリーを育てています。

養液栽培は点滴灌水とタイマーによる自動潅水システムで成り立っています。

アクアフォームを買う前に知っておいて欲しいこと

  • 小さい袋では売っていない
  • 売っている場所が限られている

アクアフォームはホームセンターの土のように2Lや5Lなどの包装では売られていません。
(ブルーベリーの株を成長させたいなら、ブルーベリー1株にアクアフォームは60L以上は必要です)

それ以外にもアクアフォームはホームセンターや一般的な園芸店では取り扱っていません。
ネットで検索しても出てこない時期もありました。

僕はアンマズハウスさんから購入してます

楽天にも売られてました。

アクアフォームの特徴

特徴その1|アクアフォームは軽い

購入したばかりのアクアフォームは乾燥してます。

乾燥しているアクアフォームはとにかく軽いです。

200Lのアクアフォーム2つを軽々と女性が持ち上げることができます。

投げて遊ぶこともできますし、指一本で持ち上げることもできます。

遊んでも袋は破れないように2重のビニール袋で封がしっかりされてます。

アクアフォームの軽さはメリットですが、逆にデメリットになることもあります。

特徴その2|アクアフォームは半永久的に団粒構造を保つ

植物が生長するのに最適な土の構造が『団粒構造』です。

植物の生育に最適な『団粒構造』を保った土も雨に打たれたりすると『団粒構造』が崩れてしまいます。

しかし、アクアフォームは雨に打たれても『団粒構造』を半永久的に保つことができます。

それに、一度購入したアクアフォームは10年以上使うことができます。

特徴その3|アクアフォームは安全

アクアフォームの素材はノンフロン系の発泡樹脂です。

購入時のアクアフォーム
しばらく日にあたっていたアクアフォーム

購入したばかりのアクアフォームは緑色をしており、お世辞にも健康そうには見えません。
日に当たり使用していると、段々とアクアフォームは茶色に変化します。

アクアフォームの色は変化しますが、機能に変化はありません。

そして、多くのブルーベリー狩り観光農園でアクアフォームを使ったブルーベリー養液栽培が行われているように、アクアフォームは安全であり、農業に使用することができます。

自宅でもアクアフォームを使うことはできます

自宅の庭で「かんたんキット」をしていた時の写真

全国に増えつつあるブルーベリー狩り観光農園でアクアフォームはブルーベリー養液栽培の培土として使われてます。

ブルーベリー養液栽培のプロが使用するアクアフォームを家で使うことができます。

僕も本格的なブルーベリー養液栽培をする前は自宅で「かんたんキット」でブルーベリーの養液栽培をしてました。

かんたんキットとは

プロが使うブルーベリー養液栽培のシステムを個人向けに簡略化したもの

「かんたんキット」は、アンマズハウス(ブルーベリーにかける情熱と夢 養液栽培(水耕栽培)システム)さんで購入できます。

アンマズハウスさんは、本来企業向けに養液栽培のシステムを提供している会社です。

ですが、ブルーベリーで世界征服を!と、とても熱意のある会社で個人に向けてもブルーベリー栽培を応援してくれる会社でもあり、ブルーベリー栽培の指導もしてくれます。

アクアフォームを鉢に入れる時の注意点
  • 風があまりない日に作業を行う
  • アクアフォームの粉が目に入ると激痛
  • 粉状のアクアフォームを吸わないほうが良さそう
  • 苗を植えつけた後はギュッと充填してやる

プロのブルーベリー農家がアクアフォームを使う理由

  • ブルーベリーの生長がずば抜けてすごい
  • ランニングコストがかかりにくい
  • 植え替える手間が少ない

僕が思う、一番大きな理由は「ブルーベリーの生長がものすごく早い」です。

2年あれば十分収穫ができるようになります。
当たり前ですが、アクアフォームだけでなくブルーベリーに与える養液の内容も重要です。
それに、時期に適した作業をブルーベリーにしてやる必要があります。

他にもアクアフォームは一度購入し、植えつけたら10年は特に植え替える作業は必要ありません。
ですので、ブルーベリー栽培を事業とするならランニングコストがかかりにくいのと、植え替え作業をしなくて良いのはメリットです。

甘く、大きなブルーベリーの実をブルーベリー養液栽培で収穫するためにアクアフォームはかかせない培土です。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

たっぷできるもくじ
閉じる