ブルーベリー品種|ティフブルー|ラビットアイ系

かみちゃんのアイコン画像かみちゃん

『ブルーベリーラボのおがた』を運営してます。
かみちゃんです。(Twitterはこちらインスタグラムはこちら
元々、家庭菜園やブルーベリー栽培が趣味です。

2018年からブルーベリー養液栽培(かんたんキット)を開始。
2019年10月から本格的なブルーベリー養液栽培を開始してます。
現在は、ブルーベリー狩り観光農園の2021年に開園に向けて準備をしてます。

このような僕が、ラビットアイ系で中心的な品種のティフブルー(Tifblue)を紹介します。

ティフブルーのタグにかかれていたこと
  • 「作りやすく初心者向け
  • 「樹勢が強いので初心者向けの品種」
たっぷできるもくじ

ティフブルーの特徴

  • ラビットアイ系
  • 樹形:直立性
  • 樹勢:強い
  • 開花時期:4月下旬〜
  • 収穫時期:7月下旬〜9月下旬
  • 小粒
  • 甘さ:多い
  • 酸っぱさ:多い
  • 収穫量が多い

ラビットアイ系の一般的な品種といわれてます。
甘味と酸味のバランスは良く、果肉が硬いため日もちもします。
果皮は非常に明るい青色が特徴的となってます。

ティフブルーのその他の特徴

果皮全体が青色に着色してから5日以上経たないと酸味が残るため、適熟前の収穫(早取り)は避ける。

初心者は実ができたらすぐに食べたくなるのに、すぐに食べられないなんてジレンマですね。

コメント

コメントする

たっぷできるもくじ
閉じる