【ブルーベリー栽培の観察力がアップします】|ブルーベリー観察と育て方の書評

 のアイコン画像 

・ブルーベリーを育てているのですけど、何を観察したらいいのですか?
・ブルーベリー栽培が上手になりたいです

このような質問に答えます。

というか、おすすめの本を紹介します。

かみちゃんのアイコン画像かみちゃん

『ブルーベリーラボのおがた』を運営してます。
かみちゃんです。(Twitterはこちらインスタグラムはこちら
元々、家庭菜園やブルーベリー栽培が趣味です。

2018年からブルーベリー養液栽培(かんたんキット)を開始。
2019年10月から本格的なブルーベリー養液栽培を開始してます。
現在は、ブルーベリー狩り観光農園の2021年に開園に向けて準備をしてます。

今回紹介する本は「ブルーベリー栽培の観察するポイント」について書かれてます。

たっぷできるもくじ

「ブルーベリーの観察と育て方」について

ブルーベリー栽培の観察力アップ!|ブルーベリー観察と育て方の書評

結論からいいますと、おすすめする本は「ブルーベリーの観察と育て方」です。

ヘルシー果実のブルーベリー。観察力アップで上手に育てる!
枝の伸長、葉芽・花芽の成長、開花・受粉の現象、果実の成熟、紅葉の進行。
一年を通じて的確に観察、管理しながら上手な育て方、楽しみ方をわかりやすく手ほどきます。

(ブルーベリーの観察と育て方の背表紙から引用)
「ブルーベリーの観察と育て方」の情報
著者玉田孝人、福田俊
ページ数115ページ
出版日2011年2月23日
出版社創森社

著者は日本ブルーベリー協会の玉田孝人、福田俊氏です。

玉田孝人氏について

東京農工大学大学院農学研究科修士過程修了。
日本ブルーベリー協会副会長。
ブルーベリー栽培研究グループ代表。

福田俊氏について

東京農工大学農学部卒。
日本ブルーベリー協会理事。
ブルーベリーの品種:フクベリーを作った方。

日本ブルーベリー協会とは

1994年に設立。
ブルーベリー産業の確立と発展を目指し、ブルーベリー生産者はもとより都道府県・市町村などの指導者、JAなどの生産者団体役職員、大学・試験場などの学者・研究者、流通・利用加工などに取り組む関係者の総意によって設立。

ブルーベリーの生産・育種、流通・加工・販売・消費、食文化、栄養・機能性および医療・医療品などの分野に関し、栽培普及および学術の両面から研究開発を進めている。会員は約800名

内容をご紹介していきます。

「ブルーベリーの観察と育て方」の内容について

ブルーベリー栽培の観察力アップ!|ブルーベリー観察と育て方の書評

第1章:ブルーベリーの誕生と分類・特徴

ブルーベリーの歴史、系統などブルーベリーの総論について書かれてます。

ブルーベリーの品種改良はアメリカの国家的事業であることや日本に導入されたのは1951年であることも書かれており、ブルーベリーの歴史も書かれてます。

「栽培ブルーベリー」と「野生ブルーベリー」にブルーベリーを区別する考えを僕はこの本で初めて知りました。

第2章:ブルーベリー栽培の留意点と品種

家庭でブルーベリーを上手に育てるポイントが書かれてます。

家庭で育てるのにおすすめの品種や育てる時の注意点も書かれてます。

第3章:ブルーベリー樹の一生と成長周期

ブルーベリー樹の経済樹齢は約20年から25年といわれてます。

ブルーベリーの樹の一生の流れ(幼木期→若木期→成木期→老木期)と、1年を通じて時期別の特徴が書かれてます。

第4章:ブルーベリー樹の成長と形態観察

ブルーベリーの木の各部位の呼び方とその説明が書かれてます。

樹形・樹姿の説明や葉芽のこと、頂芽優勢についても書かれており、葉・花・果実・根についてもそれぞれの構造や役割についても書かれてます。

第5章:ブルーベリー樹の観察と管理・作業

ブルーベリーの樹を観察するポイントや受粉してくれるハチのことや病害虫防除について書かれてます。

他にも苗の植え替え方法や挿し木についても書かれており、季節別、月別に管理方法の違いが書かれてます。

第6章:ブルーベリーの栄養と機能・効用

ブルーベリーの実の特徴が書かれてます。

特に栄養成分やブルーベリーの実が持つ機能も書かれてます。

「ブルーベリーの観察と育て方」をおすすめしたい人

ブルーベリー栽培の観察力アップ!|ブルーベリー観察と育て方の書評
「ブルーベリーの観察と育て方」をオススメしたい人
  • 家庭でブルーベリー栽培を楽しみたい人
  • ブルーベリー栽培の観察ポイントを知りたい人

「ブルーベリーの観察と育て方」の内容は非常に分かりやすいです。

ブルーベリーの実や葉など成長時期によって細かく写真も載っているため、たしかにブルーベリーを観察する時に役立つと思いました。

観察力を高める本であり、カラー写真は豊富です。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

たっぷできるもくじ
閉じる