【ブルーベリーは美容にいい】特に摘みたては格別のおいしさです!

【ブルーベリーは美容にいい】特に摘みたては格別のおいしさです!
読者の悩み

ブルーベリーが美容にいいと聞きます。どんな効果があるの?
ブルーベリーのオススメの食べ方は?

このような悩みにお答えします。

体の内側からキレイになりたい人にとって、ブルーベリーは最適な食材のひとつだと言っていいでしょう。

なぜなら、ブルーベリーには肌や体によいと言われている成分が豊富に含まれているからです。例えば、シミやシワの原因となる活性酸素の発生を抑るアントシアニン、体内の不要な物を排出する食物繊維などが有名です。

ブルーベリーには、あなたの顔やからだつき、肌などを美しく整える働きがあるのです。

さっそく、ブルーベリーに含まれる主な美容成分を3つ紹介していきます。

記事の後半では、「ブルーベリーの本物の味」を知らない人に向けて、摘み取り体験の紹介もしています。

サクッと読めてタメになりますので、参考にしてみてくださいね。

かみちゃん

『ブルーベリーラボのおがた』を運営している「かみちゃん」です。
元々、家庭菜園やブルーベリー栽培が趣味です。

2018年:ブルーベリー養液栽培(かんたんキット)を開始。
2019年10月:本格的なブルーベリー養液栽培を開始。
2021年6月:ブルーベリー狩り観光農園をオープン。

プロのブルーベリー農家として情報発信もしてます。
TwitterはこちらインスタグラムはこちらYouTubeはこちら

たっぷできるもくじ

ブルーべリーの美容にいい成分を3つ紹介します!

【ブルーベリーは美容にいい】特に摘みたては格別のおいしさです!

ブルーベリーには栄養成分が豊富に含まれています。

また、ブルーベリーは皮ごと食べられるため、栄養成分を捨てずにいただくことができます。

今回は、数あるブルーベリーの栄養成分の中から、美容に関わりの深い3つの成分を紹介します。

きっと、一度は聞いたことのある名前が出てきますよ。

ブルーベリーの美容にいい成分1:アントシアニン

【ブルーベリーは美容にいい】特に摘みたては格別のおいしさです!

アントシアニンは、高い抗酸化作用をもつ成分で、ポリフェノールの一種です。

アントシアニンには、目の働きを高める効果や眼精疲労を予防する効果があると言われています。

ブルーベリーが目にいいと言われている理由の一つに、アントシアニンの含有量が多いことがあげられます。

また、アントシアニンは「活性酸素」の増加を抑える作用があります

私たちのは、が紫外線にさらされることで「活性酸素」が発生します。
活性酸素の発生を抑制することで、肌のしみやしわといった老化現象から、動脈硬化やがんなど多くの生活習慣病の予防が期待できます

アントシアニンは、効果が3~4時間しか持続しないため、できればこまめに摂取することが望ましいです。

ブルーベリーの美容にいい成分2:食物繊維

【ブルーベリーは美容にいい】特に摘みたては格別のおいしさです!

食物繊維は、便秘解消につながる大切な栄養素です。

ブルーベリーは皮ごと食べられるため、食物繊維が豊富です。
しかも、2種類ある食物繊維が両方含まれているのも、うれしいポイントです。

食物繊維は、大きく分けて2種類(水溶性食物繊維、不溶性食物繊維)に分けられます。

水溶性は水に溶けるとゼリー状になります。胃腸のなかをゆっくりと移動し食べ過ぎを防いでくれるのに対し、不溶性は便のかさを大きくする働きがあります。
水溶性、不溶性ともに腸内環境を整える働きがあります。

体の内側からキレイになりたい人にとって、便秘は大敵です。
便秘になると腸内環境が乱れ、肌荒れや体調不良の原因になります。お腹がどんどん張って重くなりますし、口臭の原因にも。

また、食物繊維にはデトックス効果も期待できます
普段の食生活の中では、どんなに気を付けていても摂取してしまう有機化学物質や有害ミネラルがあります。これを便によって定期的に排出することで、肌あれやむくみの改善が期待できます。

ブルーベリーの美容にいい成分3:ビタミンC

【ブルーベリーは美容にいい】特に摘みたては格別のおいしさです!

ビタミンCは、体調を崩しやすい季節の変わり目は特に、摂取したい成分の一つです。

免疫力を高めたり、コラーゲンの生成には欠かせないのがビタミンC

美容といったらまずビタミンC、というイメージがあります。

ビタミンCには、鉄の吸収を促す効果もあるとされています。鉄が不足しがちな女性にはうれしい成分ですね。

ブルーベリーの食べ方は?目安は1日100グラム

【ブルーベリーは美容にいい】特に摘みたては格別のおいしさです!

一日に必要な果物の量は200~300gと言われています。

ブルーベリーを毎日200g食べるのは、結構キツイです。
僕が個人的におすすめするブルーベリーの量は、100g。無理なく続けられる量はこのくらいだと考えます。

足りない分は他の果物で補いましょう。

一番大切なのは、バランスよく主食・主菜・副菜・牛乳、乳製品・果物をとることが重要です。

果物の好適摂取量についての研究では、特に、総死亡、心血管・脳血管疾患のリスク低下と強い関連があることが示され、疾病予防のために果物を 200~300g摂取することが推奨されています。

引用:まいにちくだもの200グラム運動指針

生でも冷凍でもいい。加工品は糖質に注意

【ブルーベリーは美容にいい】特に摘みたては格別のおいしさです!

ブルーベリーに含まれる美容成分は、冷凍や加熱をしても効果があると言われています。

むしろ、冷凍することで栄養価が上がると言われています。
冷凍することでブルーベリーの皮の細胞が壊れ、栄養分をより効果的に摂取することができるからです。

加熱をしてブルーベリージャムにするのもオススメです。
「かさ」が減ってたくさん食べられますし、アレンジの幅も広がります。

かみちゃん

たっぷりとブルーベリージャムを塗ったトースト、一日頑張れそうです。

紅茶にブルーベリージャムを垂らしていただくのもオシャレです。おもてなしにもよさそうですね。

ただし、ジャムなどに加工する場合は糖質が多くなりがちです。
ジャムを塗るパンは全粒粉にする、ジャムに加工する場合は砂糖を控えめにするなど、工夫してみてくださいね。

オーガニックじゃなきゃダメ?そんなことはありません

【ブルーベリーは美容にいい】特に摘みたては格別のおいしさです!

オーガニックではないブルーベリーを食べたからといって、健康が損なわれるわけではありません。
むしろ、オーガニックにこだわって野菜やフルーツを食べる機会を減らしてしまう方が、美容や健康によくないのではないでしょうか。

美容意識が高い人は特に、栽培方法も気になるのではないでしょうか。
オーガニック(有機栽培)のブルーベリーである方が、栄養価が高く体にもいい…そんなイメージを持つ人も多いでしょう。

しかし、日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会は、「すべてのオーガニック食品が栄養価に優れていると結論するためには、もう少しデータの蓄積が必要だと感じる」と言及しています。

そもそもオーガニックとは何か?

「有機栽培」の意味で使われます。
農薬や化学肥料に頼らず、太陽・水・土地・そこに生物など自然の恵みを生かした農林水産業や加工方法をさします。

出典:日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会HP

産地や栽培方法に関心を持つことはとても大切です。
でも、あまり神経質になり過ぎずに、ブルーベリーを楽しみましょう。

夏になったら「ブルーベリーの摘み取り体験」をしてみよう

【ブルーベリーは美容にいい】特に摘みたては格別のおいしさです!

僕が運営するブルーベリーラボのおがたでは、ブルーベリーの摘み取り体験ができます。

実際に摘み取りや収穫ができる農園は、「観光農園」といい、国内の様々な場所で開かれています。

有名なのは「イチゴ狩り」「ぶどう狩り」などですが、ブルーベリー狩りも盛んです。

実際に収穫して食べることで、お子さんの食育にもつながります。

ブルーベリーの「本当の味」が味わえるのは摘みたてだけ


「ブルーベリーの本当の味」を知る人は、少ないのではないでしょうか。

なぜなら、市販されているブルーベリーの多くは、完熟手前の状態だからです。
完熟したブルーベリーはとても傷みやすいので、市場に出回ることはめったにありません。

完熟したブルーベリーは、味も香りも市販のものとは違います。
口いっぱいに広がる甘酸っぱい果汁と、香り。ジューシーという言葉では表現できない、口の中で果汁がはじける感覚です。

ブルーベリーの本当の味を知る方法は、「摘みたてを食べる」ことです。

事項では、摘みたてブルーベリーが楽しめる「ブルーベリー狩り」を紹介します。

ブルーベリーの摘み取り体験に行ってみよう

【ブルーベリーは美容にいい】特に摘みたては格別のおいしさです!
僕の農園以外でも、摘み取り体験ができるブルーベリー農園はたくさんあります。

一番美味しくブルーベリーを楽しめる方法が、ブルーベリー狩りです。
摘み取り体験ができる農園も多く、レジャー感覚で楽しめます。

市販のブルーベリーの味や独特の舌触りが苦手でも、摘みたてのブルーベリーだけは大好き!という人もいます。

ブルーベリーのおいしい季節は夏。
7~8月あたりで摘み取り体験ができるブルーベリー農園が多いです。

ブルーベリーの木は、背の低い位置にも実をつけるので、小さな子供でも楽しく摘み取りができます

おまけ:関東のブルーベリー観光農園で摘み取り体験の感想をもらいました

【ブルーベリーは美容にいい】特に摘みたては格別のおいしさです!
背の低い子供でも摘み取りやすい高さです。奇跡的にブルーベリーが描かれたTシャツを着ている知人の子。

ブルーベリーの魅力を関東の知人に話したら、なんと知人が近くのブルーベリー狩り観光農園に行ってくれました。

体験談を教えてくれたので、おまけの記事にします。


ブルーベリー狩り観光農園の感想

完熟したブルーベリーは小さな子供でも簡単に摘み取れます。

プチプチと簡単に摘めるのが面白く、大人も子供も夢中です。
あっという間にバケツ一杯のブルーベリーを摘み取りました。

摘みたてのブルーベリーはジュワッと甘酸っぱさが口に広がります。そして、鼻に抜ける心地よい香り

こちらの農園は複数の品種のブルーベリーを栽培していました。
品種によって少しずつ違う味わいを感じるのも楽しかったです。

訪れたのは東京都練馬区の観光農園。

練馬区は観光農園に力を入れているそうです。少子高齢化で農業従事者が減っているため、収穫体験でお客さんに実を摘んでもらえれば収穫の労力を減らるのだとか。

かみちゃん

僕の農園も、もっとたくさんのお客さんに喜んでいただけるように頑張ります。

まとめ

【ブルーベリーは美容にいい】特に摘みたては格別のおいしさです!

ブルーベリーは美容にいい成分がたくさん含まれています

毎日続ければ、きっと体にうれしい変化が現れるでしょう。

市販のものも十分おいしいですが、ぜひ摘みたての美味しさも味わってほしいです。

ブルーベリーのおいしさを多くの人に知ってもらえたらうれしいです。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

たっぷできるもくじ
閉じる