【ブルーベリーは妊娠中にもおすすめ】栄養や効果、気をつけたいポイントを紹介

読者の悩み

ブルーベリーは妊娠中に食べても大丈夫?
どんな栄養があるのかな?何か気をつけることはあるのかな?

美味しくて栄養たっぷりのブルーベリーは、美容や健康によいと人気のフルーツ。

甘酸っぱくてそのまま食べられるブルーベリーは、妊娠中につわりで食が進まない時などでも食べやすい果物です。

でも、妊娠中のデリケートな身体や赤ちゃんのためには食べる量に注意が必要。

妊娠中にブルーベリーを食べる時に気をつけたいポイントを紹介します。

たっぷできるもくじ

妊娠中にブルーベリーを食べても大丈夫?

【ブルーベリーは妊娠中にもおすすめ】栄養や効果、気をつけたいポイントを紹介

妊娠中にブルーベリーを食べても大丈夫です

ブルーベリーには、妊娠中の体をサポートしてくれる成分が含まれています。

つわりで食欲がない時などでも、皮をむかずに種ごと食べられるので、栄養補給になります。

おなかの調子を整える、食物繊維も含まれているので妊娠中にはお勧めのフルーツ。

凍らせたブルーベリーは長く保存できるので常備しておけば、すぐに口に入れることが出来ますよ。

妊娠中にうれしいブルーベリーの栄養

【ブルーベリーは妊娠中にもおすすめ】栄養や効果、気をつけたいポイントを紹介

皮や種ごと食べられるブルーベリーは、栄養たっぷり。

ブルーベリーの健康効果を得るのには、1日に40g以上(20~30個)を食べるのがおすすめです。

アントシアニン

ブルーベリーの栄養素として、目に良い効果があるアントシアニンは有名です。

アントシアニンはポリフェノールの一種です。

活性酸素を取り除く抗酸化作用や、眼精疲労、視力維持の効果が期待できます。

アントシアニンの抗酸化作用は、疲れやすい妊娠中の体のサポートをしてくれます

ビタミンが豊富

つわりや食の好みの変化などで妊娠中の食事は偏りがち。

ブルーベリーにはビタミンCやビタミンEなどが豊富なので、妊娠中にブルーベリーはおすすめのフルーツです。

胎児の成長に必要な葉酸もブルーベリーには含まれてます。

鉄分やカリウム

ブルーベリーは体に必要なミネラルも含まれています。

特に妊娠後期のむくみを解消してくれるカリウム、貧血を予防する鉄分を含んでいます

特にカリウムには余分な塩分を排出してくれる働きがあります。

むくみを予防するだけでなく、妊娠高血圧症のリスクを減らす効果も期待できますよ。

妊娠高血圧症候群とは

(妊娠20週より前に「高血圧」を発症しあた場合は「高血圧合併妊娠」と呼ばれます)

 ●「妊娠高血圧症」の判断
 上の血圧値(収縮期血圧)が 140mmHg以上(重症では160 mmHg以上)、または下の血圧値(拡張期血圧)が 90mmHg以上(重症では110 mmHg以上)になった場合

 妊娠高血圧症に加え、尿中に蛋白が1日当たり0.3g以上(重症では2g以上)出た場合を、「妊娠高血圧腎症」と呼ばれます。

公益社団法人 日本産科婦人科学会

食物繊維

ブルーベリーには食物繊維がたくさん含まれています。

妊娠中はホルモンの影響で便秘になりがち。

腸内環境を整えるためにもブルーベリーはおすすめです

妊娠中におすすめのブルーベリーのレシピ

【ブルーベリーは妊娠中にもおすすめ】栄養や効果、気をつけたいポイントを紹介

妊娠中には貧血や便秘などトラブルに悩まされるかたも多いです。

ブルーベリーはそんな妊娠中の健康をサポートしてくれます。

ブルーベリーを美味しく食べてトラブルなく妊娠中を過ごしたいですね。

ブルーベリーヨーグルト

ヨーグルトにはたんぱく質とカルシウムが含まれています。

ブルーベリーを加えることで、食欲がない時にも栄養補給できます。

食物繊維もとれるので、腸内環境を整えてくれます。

バナナブルーベリースムージー

バナナにはつわりに効果的と言われているビタミンB6がたくさん含まれています。

適度な甘みと酸味のあるブルーベリーはつわりの時にも食べやすいフルーツ。

ブルーベリーとバナナを一緒に取り入れることで、つわり対策になりますね。

つわり妊婦さんのジンジャープルーンソーダ

プルーンにはつわり軽減に効果が期待できるビタミンB6も豊富。

吐気を和らげる生姜の成分とブルーベリーをソーダでさっぱり飲めます。

妊娠中はブルーベリーの摂取量に注意

【ブルーベリーは妊娠中にもおすすめ】栄養や効果、気をつけたいポイントを紹介

美容や健康のためによいブルーベリーですが、妊娠中には食べる量に注意が必要です。

ブルーベリーに含まれるアントシアニンはポリフェノールの一種。

妊娠後期にポリフェノールを大量に取り続けると、胎児の血管が狭まったり閉じたりする「胎児動脈管早期収縮」を引き起こす場合もあると言われてます。

ブルーベリーを食べる量は、1日あたり40g程度が適量とされています。

これは1日につきブルーベリー約50粒程度が目安。

でも食べ過ぎによる消化不良や便秘の悪化、アレルギーなどの症状が現れることも。

体調をみながらブルーベリーを食べる量を調節してくださいね。

健康に良いブルーベリーですが、食べすぎないように気をつけましょう。

【まとめ】ブルーベリーで妊娠中の健康をサポートしよう

【ブルーベリーは妊娠中にもおすすめ】栄養や効果、気をつけたいポイントを紹介

ブルーベリーはビタミンやミネラルがたっぷり含まれているので妊娠中におすすめのフルーツです。

ブルーベリーの栄養素
  • アントシアニン
  • ビタミン
  • ミネラル
  • 食物繊維

つわりの時や食欲のない時、栄養補給のためにも良いブルーベリーですが、食べすぎには注意が必要です。

バランスの良い食生活にブルーベリーを取り入れて、妊娠中も健康に過ごしたいですね。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

たっぷできるもくじ
閉じる