ブルーベリーを食べ過ぎると下痢の原因になります

読者の悩み

「ブルーベリーを食べ過ぎると下痢になるの?」

こういったお悩みにお答えします。

ブルーベリーを食べ過ぎたあとにお腹がゆるくなったことがある方もいるのではないでしょうか?

美味しいブルーベリーは何個でも食べてしまいがちですよね。

しかしブルーベリーは食物繊維を多く含むので、食べ過ぎると腸に刺激があり下痢になる可能性があります。

1日の適量や健康に良い効果も紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

かみちゃん

『ブルーベリーラボのおがた』を運営してます。
かみちゃんです。(Twitterはこちらインスタグラムはこちら
元々、家庭菜園やブルーベリー栽培が趣味です。

2018年からブルーベリー養液栽培(かんたんキット)を開始。
2019年10月から本格的なブルーベリー養液栽培を開始してます。
2021年6月にブルーベリー狩り観光農園のプレオープンに向けて準備中。

今回の記事は「管理栄養士」さんの監修の元、記事を作成しています。

たっぷできるもくじ

ブルーベリーに含まれる食物繊維が下痢の原因に

ブルーベリーを食べ過ぎると下痢の原因になります

ブルーベリーには食物繊維が多く含まれています。

体質によっては食物繊維を食べ過ぎるとお腹がゆるくなることがあり、下痢が起きやすくなります。

特にブルーベリーに多く含まれる不溶性食物繊維は腸を刺激し、特に下痢を起こしやすくなります。

ブルーベリーを食べる際は食べ過ぎに注意しましょう。

かみちゃん

僕は昔、「おから」の食べ過ぎでお腹がゆるくなったことがありました。

おからには食物繊維が豊富に含まれているのでお腹が痛くなったのですね。ブルーベリーに限らず食物繊維が多い食品は食べ過ぎ注意ですね。

こちらの記事ではブルーベリーに含まれる栄養素を紹介しています。

ブルーベリーに含まれる食物繊維は整腸作用があり、本来は体に良い成分です。こちらの記事ではブルーベリーが便秘予防に役立つことを紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

ではブルーベリーを食べ過ぎないためには、どれくらいの量を食べれば良いのでしょうか?

ブルーベリーの1日の適量はどれくらい?

厚生労働省の健康指針によると、果物は1日200g以上摂取することが推奨されています

ブルーベリーだけを食べる場合は、1日200gが目安です

ほかの果物も食べる場合は、1日の果物の合計量が200gになるように食べるようにしましょう。

ブルーベリーの1日の適量は、体質やその日の体調によっても異なりますので、様子を見て食べましょうね。

かみちゃん

僕の農園で採れるブルーベリーは美味しいから何個でも食べてしまいそうになっちゃいます。

でも、食べ過ぎも良くないので1日200gを守ろうかなと思ってます。
できるかな〜。

こちらの記事でもブルーベリーの1日の適量を紹介していますよ。

1日の適量を守れば多くの健康に良い効果が期待できますよ。

ブルーベリーに期待できる健康メリットとは?

ブルーベリーを食べ過ぎると下痢の原因になります

ブルーベリーを1日の適量を守って正しく食べると美容や健康に多くのメリットが期待できます。

ブルーベリーに期待できる効果は下記のとおりです。

  • 便秘解消
  • 美容効果
  • 花粉症予防
  • 高血圧の予防
  • 心臓病の予防
  • 糖尿病の予防
  • 軽度認知障害の低下
  • 骨の健康

ブルーベリーには美容や健康に欠かせない栄養素が豊富に含まれており、多くの効果が期待できますよ。

かみちゃん

ブルーベリーの小さな実には栄養がギュッとつまっていて、多くの健康効果が期待できるのですよね。

こちらの記事は上記のブルーベリーに期待できる効能をまとめたものになります。詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてくださいね。

まとめ|適量のブルーベリーを正しく食べましょう

ブルーベリーは美味しいので、何個でも食べてしまいそうになる気持ちは十分かります。

しかしブルーベリーには食物繊維が多く含まれているので食べ過ぎると下痢になる可能性があります。

適量を守って正しくブルーベリーを食べると多くの健康メリットが期待できますので、食べ過ぎには注意して美味しく健康的に毎日を過ごしてくださいね。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

たっぷできるもくじ
閉じる